2010年07月05日

タバコは5歳以上のメラニン量の増加

新英和中辞書6版(研究史)によると、"セネセンス(Senescence)"は、"老齢、老境"という高齢者という状況をさす用語老化の直訳にない。セネセンスウイ類義語はAGED。一方、"エージング(Aging)"の邦訳"1老齢化、老化2(ワインチーズなどの)熟成"であり、意味の例では、"an aging society高齢化社会、the aging process老化作用"である。以上の感覚で、"高齢化"に基づいて否定的な現象が、"老化"あることであり、"老化"ならともかく、"高齢化"は、戦いの方法がないと考えるのが一般的です。 エージング(Aging、英語:aging、ageing)は、一般的に"老化"の意味で使用されている。また、"老化"から派生した意味で、様々な分野で使用されている。工業製品(特に電化製品)の場合は、"高齢化"という場合は、安定動作まで動作させることを言う。 人間とエイジング高齢化すれば、人生、人の寿命の後に置いてのことで、その前半は、この場合は、"成長"ということになる、厳密には、加齢は、そのまま英語で言えば、age(老化、老化)を築いていくこと、すなわち"高齢化"である。このような意味に忠実なら、人間は誕生の瞬間からその人生の最後の瞬間まで、細胞組織レベルでは常に古い細胞組織は死んで常に新しいものに変わって行く理由として、幼児、子供の段階で既に老化は始まっているものもある。つまり、"生と死へ向かう一方通行の歩みである。" 高齢社会の進展とともに高齢化への関心は急速に膨れ上がって翻訳書を含め、高齢化を扱った書籍は、うなぎの上に増えている。用語が一定しないため、翻訳には、原題が"Aging"の邦题が、"老化"と呼ばれることも少なくない。 また、高齢化に抵抗、対抗する意味で、アンチエイジングという言葉も、最近とみに使われるようになってきた。老化関連の疾患を予防し、治療する医療、抗老化医学と呼ばれる。一方、高齢化を促進する要因として、ストレスやタバコの被害などが挙げている。タバコに関しては、活性酸素を増加させることでビタミンCを破壊し、しみ、くすみの原因となるメラニンを増加させてしまう。また、ビタミンCの減少により、肌の保水力をしているコラーゲンが減少する。そのため、喫煙者は非喫煙者に比べて"5歳以上のメラニン量の増加が進んでいる"には、皮膚の老化が"老化"しているとポーラ化粧品の調査結果がある。
posted by seina86214 at 14:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。