2010年07月08日

特定保健用食品制度が開始

ビタミンなどの栄養素や動植物のエキスを供給することは、"サプリメント"とも呼ばれる。 錠剤やカプセル等の医薬品と同じような形のは、1971年以降の販売が禁止された、2001年、"医薬品の範囲に関する基準改正について(医薬発第243号平成13年3月27日)"この基準が緩和され、食品であることを明示している場合は、販売が許可されることになった。 順に特定の区分、特定の項目では食品として販売できるよう基準が緩和されてきた。 1991年9月、栄養改善法に基づいて、特定保健用食品制度が開始されている。 1996年の市場開放問題苦情処理体制(OTO)は、国内でサプリメントの販売が可能となる。 1997年の"ビタミンの取り扱いについて"(平成9年3月31日、約事務局長通知)は、13種類のビタミンが食品として販売可能である。 1998年に"いわゆるハーブ類の取扱いについて"(平成10年3月31日医者医薬品安全局長通知)は、168種類のハーブ類(生薬)が食品としての販売が可能です。この時点で、米国に模倣、これらのハーブは食品であり、医薬品として扱われていないこととされた。 1999年の"ミネラル類の取扱いについて"(平成11年3月31日医者医薬品安全局長通知)は、12種類のミネラルを食品として販売可能である。 2000年、OTOによって海外での栄養補助食品として流通しているのが医薬品として規制されていない食品として販売できるように決定される。 。 2001年の"医薬品の範囲に関する基準改正について(医薬発第243号平成13年3月27日日)"、アミノ酸23種類の食品として販売することが記載されて。 2003年、OTOによって"成分本質(原材料)が専ら医薬品"とされているものについて、積極的に食薬区分を確認することが決定されている "医薬品的な効能効果を標榜しない限り食品と認められる成分本質"のリストには1000ほどの成分が効能効果を表示する場合は、医薬品が表示されない場合は、食品として販売されている。
posted by seina86214 at 15:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。